ゲーム

マリオメーカー2を遊んだ感想とレビュー・オンラインに繋げば永遠に遊べるソフト

どうも、msyです。

先日待望のマリオメーカー2が発売され、早くも多くの高評価を集めています。

僕も発売日に購入し、数日間遊んでいますが、めちゃくちゃ面白いです!

そこで今回はニンテンドースイッチで発売されたマリオメーカー2のおすすめのポイントや感想とレビュー、さらにゲームの大まかな内容などをご紹介していきたいと思います。



マリオメーカー2のおすすめと評価

 

まず、このマリオメーカー2の凄いポイントは以下の通りです。

・100以上のオリジナルステージ
・無限に遊べるオンラインのコース
・自分でステージを作れる
・選べる4つのゲームスキン(グラフィック)
・スーパーマリオ3Dワールド(後に記述)

など、従来の横スクロール版マリオの大まかな要素がこのソフト1本に詰まっているのです!

後に書きますが、スイッチをオンラインに繋いだ状態であれば世界中のユーザーが作ったステージをその場でプレイ、もしくはダウンロードする事も出来るので、ほぼ半永久的に遊べる仕様になっています。

マリオメーカー2のストーリーモード

 

まずはストーリーモードの流れを挙げてみると以下の通りです。

・冒頭でお城が崩壊してしまう
・100以上のオリジナルステージに挑み報酬をゲット
・集めたコインと報酬で壊れたお城を再建する

これがマリオメーカー2のストーリーモードの大まかな内容です。

しかしこのストーリーモード内に用意されているデフォルトのステージだけでも100以上はあり、オンラインに繋ぐことが出来ない方でも長く遊べる仕様になってのも驚きです。

もちろん最初から全てをプレイできる訳ではなく、徐々にキノピオが新たなステージ(クエスト)を紹介してくれる仕組みです。

そしてクエストをクリアし、そこかた得た報酬でお城を建てていくなど、「ステージクリア」の成果が目に見える形で残ることになります。

一昔前のマリオは横スクロールのダンジョンをひたすら挑む形でしたが、このマリオメーカー2ではまさに「街づくりゲーム」×「マリオ」といった感覚です。

なので「街の発展」など、育成要素にも似たゲーム性を味わうことが出来るのも、このゲームの面白いポイントの一つですね。

難しいステージはルイージがクリアしてくれる

 

「このステージが難しすぎてどうしてもクリアできない…」

なんて事もマリオゲームには付き物です。

そんな時に役立つのが「ルイージに頼む」機能

これを選択すればプレイヤーの代わりにルイージがステージをクリアしてくれるという機能です。

しかもクリア後の報酬もしっかりとプレイヤーに支払われるので、正直デメリットは無いです。

ゲームの腕に自信のない方や時間の無い人など、各プレイヤーのストレスをかなり軽減してくれる便利な機能ですね。

自分は10回ぐらい挑戦してもダメな場合はルイージにクリアしてもらっています(笑)

このような便利な機能も備わっているので、今作マリオメーカー2は僕みたいな素人でも非常に遊びやすい仕様となっています。

なのでこのストーリーモードについては今のところ不満などもなく楽しめているので。

スイッチで広がるコース造りが凄い

 

マリオメーカーシリーズでは自分でステージの作成を行ったり、オンラインで他のプレイヤーが作ったコースをその場でプレイしたり、またはダウンロードしていつでも遊ぶ事も可能です。

もちろん前作からステージ作りの自由度が格段に高くなっているだけではなく、マリオメーカーならではの要素もありますので、それらもご紹介していきます。

選べる5つのステージスキン

 

マリオメーカーではゲーム内に「スキン」というものが存在します。

コチラはキャラクターの見た目を変えるもの…という訳ではなく、ステージの外観(グラフィック)の事です。

今作で選べるゲームスキンは主に5つです。

・スーパーマリオブラザーズ
・スーパーマリオブラザーズ3
・スーパーマリオワールド
・スーパーマリオブラザーズU
・スーパーマリオ3Dワールド(後に記述)

など奥行きのある最近の3Dマリオ(横スクロール)はもちろん、昔ながらのドット絵など様々なスキンが登場します。

後に説明しますが、自分でステージを作る時などもこのゲームスキンの選択が可能なので、自分の好みに合わせたステージを制作できます。

様々なパーツでステージを作ろう

 

また選べるステージ(シーンスキン)も盛り沢山となっており、以下のジャンルからステージの土台を選ぶことが出来ます。

・地上
・砂漠
・雪原
・森
・空
・地下
・水中
・お城

などなど、馴染みの深いステージも健在ですね。

また選ぶステージ毎にそれぞれ固有のBGMに切り替わるのですが、そこでは当時発売されたマリオシリーズの曲も使われていたりしています。

そして今回は「夜」のシチュエーションを選択できる様になっており、これを選ぶとゲーム内で様々な現象が起きます。

例を挙げてみると…

・クリボーが浮いたり、空では自分の体がフワッと浮く

・森では水が毒になったりする

・アイテムが変化したりもする

などステージ作成の際に選ぶパーツによってゲーム内にも影響を与える仕組みが盛り込まれています。



コース造りと細かい設定

 

ステージを作るにあたって細かな設定も自分で行うことが出来ます。

・ゴール条件
・タイマー(制限時間)
・オートスクロール
・豊富な敵の種類、仕掛け、アイテムの設置
・坂道や段差などの地形

など、ほぼ全ての設定を自由自在に設定することが出来ます。

写真では分かりづらいですが、ブロックの中にキノコを埋め込んだり、一定の場所にたどり着くと動作する仕掛け(音楽やアイテムの出現)なども自分でカスタマイズできます。

また従来のシリーズ通り、土管の中に入ってコースを変えたり、ブロックの中に敵を配置することも可能となっており、作ろうと思えばダークソウルぐらい難易度の高いステージを作成することも可能です。

もちろんボスを配置したり、それに合わせてBGMを変化させることも出来ますので、演出も自分で作り上げる事ができます。

さらに今回は「二人で作る」という機能も備わっているため、joyコンを2つに分けて友達や家族と一緒にステージを作ったり、タッチペンなどを使うとさらにコース造りが捗ります。

マリオメーカー2はオンラインが熱い!

 

冒頭からお伝えしてきた「オンライン」機能ですが、今作ではネットに繋げば以下のようなことも可能になります。

・他のユーザーが作ったステージを遊ぶorダウンロード
・自分で作ったステージをネットにアップして遊んでもらう
・オンラインで世界中のプレイヤーと対戦、協力プレイ
・世界ランキングを目指す

など協力だけではなく競争性などマリオカートに似た一面もありますね。

ちなみに他のプレイヤーが作ったステージに関しては「人気ランキング」、「期待のコース」、「くわしくさがす」などのように振り分けられているので、自分に合ったコースを選ぶことが出来ます。

特に人気ランキングのコースは初心者に優しいものもあれば、ゴリゴリの上級者向けのステージなど、発売から数日しかたっていないにも関わらず多種多様なステージが多く存在します。

これだけでもかなり遊びごたえがあるので、僕はストーリーモードよりもオンラインの方にハマってますね(笑)

マリオメーカー2の売り上げ次第では、今後もさらに個性豊かなステージが追加されて行くのではないでしょうか!

前作との比較と違い

 

ここでは前作との違いをまとめたものなので、飛ばしてもらっても大丈夫です。

大まかな違いや進化をリストにすると…

・坂道が配置可能に
・くねくねと動くスネークブロック
・プレイヤーを追い詰める太陽追加
・様々な仕掛けを作れるON,OFFのスイッチ追加
・傾くシーソー
・ブランコクレーンでターザンの様なプレイ
・水面の高さ、スピードの設定
・カスタムスクロールで画面が自動的に動く(ポイントごとにスピードも調節できる)
・縦のコースを選択可能に
・スクロールストップ(ブロックで画面を囲い外側を隠す)
・マグナムキラーの追加(マリカーに出てくるロケットの敵)
・カロンこうら(死んだふりが可能で敵のダメージを回避できる、またマグマに落下してもノーダメージ)
・10コイン、30コイン、50コイン玉を追加を
・オトアソビ効果をさらに追加
・二人でコースを作れる
・ゴールの条件を変えられる(コインの枚数など)

などなど、前作からプレイしているユーザーにとっては驚きの変化なのではないでしょうか。

これだけでもかなり前作から進化している事がわかりますね。

スーパーマリオ3Dワールドの追加

 

先ほどご紹介したゲームスキンの話に戻りますが、今回は4つのゲームスキン(グラフィック)の他にもう一つスキンを選ぶことが出来ます。

それが

「スーパーマリオ3Dワールド」

最近のマリオゲームのように横スクロールを維持しつつ、立体的でエフェクト満載のステージを作ることが出来るのです。

しかし、こちらは他の4つのゲームスキンとは構成が少々違うため、使用できるパーツの種類も若干異なるようです。

もちろんテストプレイ機能もあり、常に修正と追加を繰り返せるので、ステージ作成がスムーズに行えのもGoodなポイントですね。

しかしこの3Dワールドでは以下のようなアクションを行うことも出来ます。

・ネコマリオになって壁をよじ登る
・ひっかきや、飛びつき、スライディングでの攻撃
・コース中にトランポリンの配置、透明度間や木箱を投げて足場を作ったりできる

などなど、一昔前のマリオには無かったアクション要素により、コース造りの可能性も大幅に変わるのではないでしょうか!

僕はオンラインで他のプレイヤーが作ったコースを遊ぶ事だけを考えていましたが、意外にもステージ作成にハマってしまったぐらい自由度が高く面白いです(笑)

マリオメーカー2はかなり面白い・まとめ

 

以上が「マリオメーカ2」をプレイした感想と大まかなゲームの説明についてでした。

結論を言うと、大人でもドハマリするぐらい面白いです。

特にオンラインに繋げば、半永久的に遊べてしまうぐらいボリュームがありますので、一人でも遊ぶことはもちろん、家族や友人たちと一緒にプレイしても盛り上がること間違いなしです!

興味のある方はこの機会に是非一度遊んでみてはいかがでしょうか!

ご愛読ありがとうございました。

では!



関連記事

  1. ゲーム

    レッドデッドリデンプション2・ガチのおすすめサバイバルゲーだった。感想、評価・できる事まとめ

    GTA5の会社(ロックスター)から遂に発売された今年最大のオープンワー…

  2. ゲーム

    【PUBG】PS4版とPC版の違いを実際に比較してみた・プレステ版の評価感想

    どうもmsyです。未だに人気の衰えないバトルロワイヤル…

  3. ゲーム

    【Steam】Thief Simulatorが面白い!泥棒シュミレーションゲームのおすすめ

    シーフシュミレーターってこんなゲームザックリ言…

  4. ゲーム

    【スマブラSP・レビュー】1週間スイッチで遊んた正直な感想と比較:キャラもステージも面白いが…

    12月07日、ついにニンテンドースイッチで大乱闘スマッシュブラザーズ・…

  5. ゲーム

    【BF5】初心者がバトルフィールド5の評価感想、おすすめな点をまとめる・モードとバトロワが凄い?

    今回のBF5は前作の1よりも遥かにその進化を体感できるぐらい面白いです…

  6. ゲーム

    PS4でプレイできる・人気バトルロイヤルゲームのおすすめをご紹介・フォートナイトなど

    今最も人気のあるジャンルのゲームといえば、サバイバル要素を含んだバトル…




人気の記事

最近の記事

  1. ブログ

    初心者のブログPV数が1万3000を超えた話:12月のアクセスは増えたが徐々に下…
  2. ガジェット

    磁気ブレスレットの効果とは?MUGOMの磁気ブレスレットがおすすめ
  3. ガジェット

    【ガレリアXFのおすすめ】大人気ゲーミングPCを買ったので性能や感想、支払方法に…
  4. 雑記

    米津玄師のおすすめ名曲ランキングTOP7をご紹介・Lemonや打上花火、Lose…
  5. ゲーム

    【Steam】Thief Simulatorが面白い!泥棒シュミレーションゲーム…
PAGE TOP