読書レビュー

「読みたいことを、書けばいい。」の感想レビュー・田中 泰延が語るライティングの本質とは?

今話題沸騰中の本

「読みたいことを、書けばいい」

シンプルなタイトルが気になり本屋で即買いしたのだが、読んで行くうちに「書き手として大切な事」に気付かされた。

また文章を書く際の有益な情報なども盛り込まれているのだ。

特に私のようにブログ運営をしていたり、ライターをしている方などには是非とも読んでほしいという事で、今回は「読みたいことを、書けばいい」のレビューを書いていこうと思う。



「読みたいことを、書けばいい。」の要約

 

この「読みたいことを、書けばいい」には具体的な文章上達方法などはそれ程書かれていない。

しかし作者が書き手として普段から考えていること、言いたい事が盛り沢山にまとめられている。

その内容を大雑把に要約してみると以下の通りだ。

・「書く事」の本質(自分の読みたいことを書く)
・文章を書くことの意味
・資料の活用法や見つけ方

などが語られている。

本書で「伝え方」や「自分が書くべきでないこと」など、どちらかと言うと文章テクニックについてはそれ程述べられていないのだ

しかし普段気づかなかったり、忘れがちになっている「書くことの本質」をこの本を通して学ぶと、自然とモチベーションも上がり、ライターとしての心構えも変わってくるだろう。

以下、僕がこの本の面白いと思った部分をレビューしていこうと思う。

なぜ文章を書くのか?の本質が書かれている

 

最近は、ライターやブロガーなど、文字を書く事で生計を立てている人も多いだろ。

けれどもSEOなどを意識しすぎて、「読み手の為だけの文章」になっていないだろうか?

特に最近のブログ界隈では、自分本位の記事を書いても誰も見ない、商品は売れないという認識が広まっている。

それも一つの事実なのかもしれないが、はたして書いている本人は、本当に楽しみながら文章を書けているだろうか?

「読みたいことを、書けばいい」では、タイトル通り、ライターの常識を覆すような一言が書かれている。

誰かの為ではなく、自分が読みたいことを書く

 

見出しに書いたとおり、この作者は「他人の事は気にせず、自分が読みたいと思えるものを書け」と語っている。

書いたものに対して、楽しいのか満足であるのかは自分が決め、評価は他人が決める。

それ以前に、「自分で読んでおもしろくなければ、書くこと自体が無駄になる」

とまで語っているのだ。

これは今ブログ運営をしている私にも共感できる言葉だった。

嫌々書くか、自分の為に書くか

 

アフィリエイト記事を書いてはみるが、自分が楽しみを見いだせない記事は、やはり書いて苦痛だ。

もちろん、溜め込んだ知識のアウトプットを出来る場所ではあるのだが、嫌々書いた記事を後に自分で読み返す事はまずない。

そんな生半可な気持ちで書いた記事は、当然他の情熱を持って書かれたブログ記事には勝てない。

この作者が言うように、

「自分で読んでおもしろくなければ、書くこと自体が無駄になる」

というのは、かつての自分の姿と重なって見える部分でもあった。

文章は9割がリサーチ、1割が考察

 

これもこの本の面白いトピックの一つだ。

作者いわく、物書きは「調べる」が9割9分5厘6毛と語っているのだ。

理由としては、書物に限らず映画や文学作品には必ずファクト(事実)が存在する。

事実を下敷きにして伝えなければ、読者の納得を得る事は出来ないのだ。

ライターの考えなど全体の1%以下でよいし、その1%を伝えるためにあとの99%以上が要る。

この考え方も人それぞれかもしれないが、過去に起きた事象を基盤にして文章を書く際には、確かに引用元や参考文献があった方が読者の信用を得やすいと言うことも、事実だ。



最も効果的な資料の見つけ方は「図書館」

 

私が個人的に興味を持った部分は、「エビデンス」の探し方だ。

何かを書いたり情報発信する際は、何かしらの参考資料や文献が必要になる場合も多い。

もちろんネットの情報も参考にはなるが、間違った情報も多く、お仕事の依頼で文章を書く場合などは、ネットの情報だけを使うわけにはいかない。

そこで重要になってくるのが、それらの情報源でもある「一次資料」の探し方だ

書く時は一次資料を見つけよう

 

筆者はこの情報源(エビデンス)を見つけ方を丁寧に教えてくれている。

まとめると以下の通りだ。

①アマゾンの書籍やネットの情報(二次資料)を探る
②その情報の出処(一次資料)を探る
③書く時のエビデンスにする

私自身もオカルト、伝承系の記事を書く時は図書館の資料を利用する時があるのだが、情報源や参考文献を提示するだけで信憑性はグッと向上する

また、ここでは書かないが「読みたいことを書けばいい」では、図書館選びの詳細や第一資料に基づいた執筆経験など、筆者の体験談なども語られているので、是非とも自身で読んで参考にしていただきたい。

「読みたいことを、書けばいい。」まとめ

 

以上が[読みたいことを書けばいい」の感想レビューでした。

ここではお伝えしきれなかった部分もまだまだ沢山あるので、軽い気持ちで一度読んでみてはいかがだろうか。

ピックアップ記事

  1. 【都市伝説】月の石とは?国立科学博物館で実物を見てきた
  2. 【都市伝説】ネッシーの正体は水獣ケルピーだった?伝説のクロウストーンに隠された謎…
  3. 映画の始まりはハリウッドではなかった?フィルムの歴史と都市伝説を解説
  4. 三途の川と賽の河原は今でも日本に実在する?恐山と加賀の潜戸に伝わる都市伝説
  5. 【都市伝説83選】日本と世界に散らばる面白い都市伝説をまとめて公開(神話・心霊等…

関連記事

  1. 読書レビュー

    怖い話が好きな人におすすめな短編本 実話を基に書かれた【怪談和尚の京都怪奇譚】

    日本人の多くが興味を抱く「心霊・怪談話」特に夏、冬のシーズンに…

  2. 読書レビュー

    【日本神話が好きならコレを読め!】愛と涙と勇気の神様ものがたり・まんが古事記をレビュー

    皆さんは、神話や不思議な話などはお好きだろうか?もしその類に興…

  3. 海外・英語

    【ホリエモン】英語の多動力を読んで真剣に考えた。感想レビュー

    英語を話したいと思う人は日本に多く存在するだろう。しかし、最初…




都市伝説記事おすすめ

人気の記事

最近の記事

  1. 都市伝説

    【都市伝説】Dの意思の正体と2026年について・2026年に完成予定のサグラダ・…
  2. ゲーム紹介/レビュー

    マウスパッド×ゲーミングPCでFPSの勝率は変わるのか?PUBGとBF5を実際に…
  3. ブログ/雑記

    スマホの画面が割れたのでiPhone修理工房で低価格で直して来た・おすすめの非正…
  4. 都市伝説

    映画の始まりはハリウッドではなかった?フィルムの歴史と都市伝説を解説
  5. 都市伝説

    神隠しの真相とは「かくれんぼ」だった?その意味と方法が怖い【日本の都市伝説】
PAGE TOP