ブログ/雑記

【ブログのネタ切れ対策】アイデアが出ない原因と解決方法:PV数でアナタの価値は決まらない

日々ブログを通して情報発信をしていると、誰でも一度はブチ当たるかもしれない壁、それがネタ切れ。

よくブログを書くのが辛い、PV数が伸びない、モチベーションが下がって…と言った人を見ることがありますが、正直これらの問題はちょっとした習慣と意識でプラスの方向へ持って行くことが出来ます

今回はネタ切れの原因と対策について僕が思う事を書いて行きます。





 

【問題①】ブログのアイデアを使い果たした…→【解決策】外から持ってくる

 

恐らくこれが一番多い理由かと思います。

最初からネタ切れを起こす人は……たぶんいないですよね(笑)

自分の中のアイデアって必ずしも無限にあるとは限りません。

持ち札のカードを使い果たしたらババ抜きが終了するように、ブログの執筆が進まないのも当然と言えば当然ですよね。

ブログを書くという行為は自分の中の情報をアウトプットしているという事。つまり発信する情報量(ネタ)に対して自分のインプット(知識)が追いついてないとも言えます。

けどそれは逆にチャンスとも言えるでしょう。

解決方法としては、ザックリ言うと外から知識を自分の中へ持ってくるだけです。

例を挙げると、本や動画などを見るだけでも多くの情報を自分の中の知識としてインプット出来るはずです。

その自分の中に貯めた知識を自身の中でまとめてブログを通して発信するだけでアイデア不足は解決できるでしょう。

これは情報発信の基本とも言えますが、自分の持っている知識をツイッターやブログなどで発信すると、説明したりまとめたりする能力が格段に上がります

これは科学的にも証明されている事らしく、知識の定着がより向上するらしいですよ!

勉強中でもそうですよね。習ったことを教えると格段にスキルアップします。

前回ではこのアウトプットが英語学習においてどれほど重要かをご説明してあるので、是非みてください!

 

【悩み②】PV数が伸びずにモチベーションが下がる→【解決策】目的を変えよう

 

PV数(観覧数)が伸びずにブログを辞めてしまう人が結構多いらしいですが、価値観と言うかモチベーションの上げ方を単に変えたらいいだけだと僕は思います。

なぜPV数が自分にとって一番大事なのか? 本当に価値があるのは自分の執筆ではなく本当にPV数であるのか? PV数が多ければ自分書きたいことは書けないのか?

など自分にひたすら問いかけて見る事をオススメします。

好きな事を書くと言う点ではPV数は関係ないはずです。

「とりあえず知識をより定着させるために書く」や「わかってくれる人とだけ共有できればいい」ぐらいの気持ちで書いた方が絶対に長続きするでしょう。

また人と比べるのも辞めた方がいいです。

競争するのが好きな人はそれでいいですが、ハッキリ言って比較なんてブログ運営において意味が無いです。

確かにPVの数は、多く取れた時ほど達成感とモチベーションは格段に上がります。

「けど、取れなければ取れないで別にいい」ぐらいの気持ちで書いた方が気持ち的にも楽ですし、その間に作ったコンテンツ(記事)はいつか絶対プラスに変わる日がきます。

我慢しろと言っている訳ではなく、PV数に囚われるよりは「本当に自分の伝えたい事を書く」と言った方がよりモチベーションを維持できると言った具合です。

 

【悩み③】ブログを書く為に休日も家に閉じこもる→【解決策】外に出よう

 

またもやシンプル回答で申し訳ありませんが、できれば外に出ましょう。

①でもお伝えしたように、自分の中のアイデアは有限です。

外に出るだけでもアイデアを増やすことは可能です。

例えば僕はよく旅行記事を書きますが、日帰りで行ける範囲の場所について書くことが多いです。

もちろん遠出する時間が確保できない理由もありますが、近場にも面白い場所があり過ぎるからです。

東京に住んでいれば興味のある場所、地方から来る人が訪れるような観光スポット、新しいお店などが溢れています。

そんな面白そうな場所に行かないのは非常に勿体無い。

最近僕は登山に魅了されていますが、東京の御岳山に行った時なんかは一気に4記事も書き上げました。

もちろん現地に行き、思ったことや感じた事を書くことも記事のクオリティを上げる要因になりますが、そのスポットについて調べるだけでも充分記事を書くことは可能ですよね。

先ほどは外に出た方がいいとは言いましたが、事情があって家から出られない場合は「調べる」という事をするだけでも絶対にブログのネタになります。

家でひたすらアイデアを生み出そうとするよりも、できれば外に出てその場の雰囲気やバックグラウンドを調べるだけでネタ切れを起こすことはなくなります。

 

【悩み④】そもそも調べること自体が面倒→【解決策】その日調べた事を書く

 

いつもスマホで検索していることは何ですか?

好きなゲーム、音楽、家電、政治、芸能、など気になった事はすぐにスマホ一つで調べられる世の中です。

そこから感心したり他の人にも伝えたい情報があったら、それはブログのネタになります

もちろん丸パクりではなく、ある程度他の情報や自分の意見があるとより良いですが、検索をしている時点で全く興味のない訳では無いはずですよね。

それともう一つ最強のネタ作りがあります。それは自分の経験です。

自分が今まで役に立った情報、旅行先、読んだ本、映画、ゲーム、など例をあげたらきりが無いです。

そこで感じたことや思った事を思い出してみましょう。

人は教えてもらった事はいずれ忘れますが、自分で深く感じた事は決して忘れません。

その時の感想や思い、出来事を書くだけでもブログのコンテンツとして成立します。

あなたが不必要と思った情報も、意外と知りたい人は結構多いです。

自分の知識や経験を捨てずにどんどん発信して行きましょう!



【悩み⑤】インプットする時間がない→【解決策】隙間時間を使おう

 

働いていると時間がないのは当然といえば当然ですよね。

家に帰ったらすぐにベットに入り寝るだけの人もいるかもしれません。

けれど本当に隙間時間もないのか、改めて普段の生活を振り返ってみるといいでしょう。

例えば通勤時間。僕の場合は行きと帰りの電車はスマホでブログを書いています。

勿論そんな短時間では書き終わりませんが、平日毎日それを繰り返せば1記事はできます。

お昼休憩時に15分だけ時間を確保するだけでも5日で75分もの時間を執筆に回すことができますよね。

意外と自分の空き時間や無駄に過ごしている時間は多いです。

それを逆に利用しましょう!

毎日無理して嫌々書くよりも少しずつ書いて行くのも一つの手段です。

多くのブロガーさんが仰るように、大事な事は続ける事。

時間のない人は自分のペースで無駄と感じる時間を見つけてそこでブログを書きましょう。

 

まとめ

 

以上で僕の思うブログのネタ切れ対策と解決方法でした。

この記事を読んでも無理という人は……もう辞め………

ではなく続けましょう(笑)

もし本当に書く事自体が嫌になったならサボってみてはどうですかね。

そして自分が本当に書きたいときがある時だけ書く、と言った事も一つの手段です。

自分にあった方法で継続して行きましょう。

以上です。

 

 

ピックアップ記事

  1. 【都市伝説】ネッシーの正体は水獣ケルピーだった?伝説のクロウストーンに隠された謎…
  2. 映画の始まりはハリウッドではなかった?フィルムの歴史と都市伝説を解説
  3. 【都市伝説83選】日本と世界に散らばる面白い都市伝説をまとめて公開(神話・心霊等…
  4. 【都市伝説】月の石とは?国立科学博物館で実物を見てきた
  5. 三途の川と賽の河原は今でも日本に実在する?恐山と加賀の潜戸に伝わる都市伝説

関連記事

  1. ブログ/雑記

    MSY-TRAVEL(msy)のプロフィール

    このページをご観覧頂きありがとうございます。当Webサイト「M…

  2. ブログ/雑記

    日曜日が憂鬱な原因・症状と対策/小さな発見と感動が明日を変えます

    どうも、msyです多くの人が日曜日の夕方辺りになると、明日仕事…

  3. パソコン

    未経験者がwebコーディングの仕事を始めて1ヶ月経った感想

    webコーディングの仕事を始めて丁度1ヶ月が経過しました。先月…

  4. ブログ/雑記

    【英語が話せないを解決】 ライティングで「自分で英語を組み立てる力」から始めよう

    僕は英語学習、特に学校での英語教育において最も重要な事は「自分で英語を…

  5. ブログ/雑記

    初心者がブログを1年間自分のペースで続けたらPVや収益はどうなるのか【体験談】

    このブログを開設して丁度1年が経過しました。そこで、今回は初心…




都市伝説記事おすすめ

人気の記事

最近の記事

  1. ガジェット/レビュー

    ゲーミングPC購入者向け:グラフィックボードの性能とオススメ
  2. ゲーム紹介/レビュー

    テイルズオブヴェスペリア・リマスターの違いやおすすめのポイントまとめ:スイッチ版…
  3. ゲーム紹介/レビュー

    【Steam】Thief Simulatorが面白い!泥棒シュミレーションゲーム…
  4. ゲーム紹介/レビュー

    PS4の便利なアプリの紹介とオススメ。リモートプレイでスマホでもゲームを
  5. 旅行

    【都庁展望台】新宿で絶景を観よう。無料で観れる東京の夜景
PAGE TOP