旅行

【秩父】長瀞渓谷で岩畳を観光。絶景ありの日帰り旅行!

近年、都心からの日帰り旅行はもちろん、全国的にもその名を広く知らしめている観光地、それが秩父。

秩父には秘境と呼ばれ観光地や、どこか懐かしさを感じさせてくれる見所が各所に点在しています。

日帰り観光で訪れる人も多い秩父ですが、今回はそんな秩父観光でも人気のある秘境、長瀞渓谷(ながとろけいこく)の岩畳についてご紹介していきます。



秩父の人気観光地・長瀞渓谷と岩畳

 

長瀞渓谷とは埼玉県秩父郡長瀬町の人気観光地と知れており、その渓谷の長さは約6キロまで続くといわれています。

その美しさと地質学的にも珍しい土地層から国の天然記念物にも指定されており、年間を通じて多くの観光客が訪れる場所でもあります。

その見どころなんと言っても神秘性に満ちた奇跡の岩棚、長瀞渓谷の岩畳です。

ゴツゴツと音を立てるように露出したその岩々は、見るものに感動と刺激を与えると同時に、地球の奇跡とも言えるその光景に心を奪われる事は間違いないでしょう。

自分が訪れた時は春の為、人も少なくその雰囲気を思う存分に堪能する事ができました。

逆に夏場はライン下り(ボートレジャー)が盛んなため、中々の混み具合らしいです。

個人的に絶景目的で行くならオフシーズンがオススメです。

長瀞渓谷のライン下りでボートレジャーも楽しめる

 

長瀞渓谷ライン下りは秩父の人気レジャーの一つであり、数キロにも及ぶ川沿いをボートで移動する事ができます。

3〜12月まで運営されている様ですが、一番人気のシーズンはやはり夏場で間違いないでしょう。

いくつかコースがある様ですが大人は片道1600円、子供は800円で乗る事ができるので、興味のある方は是非ボートレジャーを楽しんでみてはいかがでしょうか!

長瀞渓谷の後は阿佐美冷蔵のかき氷がオススメ

 

長瀞渓谷、及び長瀞駅の近くにはお土産屋さんや古風の食事処がいくつかありますが、中でもオススメは阿佐美冷蔵で食べるかき氷です!

とんでもなくデカイです。

100年以上の古い歴史と天然氷に強いこだわりを見せる阿佐美冷蔵のかき氷はボリューム、豪華共に一級品です。

特に天然氷の口で直ぐに溶ける様な感覚と多彩なシロップの組み合わせは、普段の生活では滅多に味わう事のできない仕上がりです。

お値段は1000円以上は掛かってしまいますが、食べる価値は大いにあります。

阿佐美冷蔵の天然氷が長瀞渓谷で疲れ果てた体を芯から癒やしてくれること間違いないでしょう。

長瀬渓谷、岩畳へのアクセスとまとめ

 

長瀞渓谷へのアクセスは至って簡単。新宿から2時間20分程で着きます。

●新宿→熊谷(湘南新宿ライン)→熊谷(秩父鉄道)長瀞駅

●電車料金1904円

●高速道路、練馬IC利用で1時間20分弱
 国道17号線経由で下道からのアクセスも可能

都心から気軽に行ける長瀞渓谷、いかがでしたか!

レジャー目的でないのであれば1年中いつ訪れても楽しめることでしょう。



ピックアップ記事

  1. 【都市伝説】ネッシーの正体は水獣ケルピーだった?伝説のクロウストーンに隠された謎…
  2. 三途の川と賽の河原は今でも日本に実在する?恐山と加賀の潜戸に伝わる都市伝説
  3. 【都市伝説】月の石とは?国立科学博物館で実物を見てきた
  4. 【都市伝説83選】日本と世界に散らばる面白い都市伝説をまとめて公開(神話・心霊等…
  5. 映画の始まりはハリウッドではなかった?フィルムの歴史と都市伝説を解説

関連記事

  1. 旅行

    井の頭公園(彫刻園)で芸術鑑賞。【北村西望・平和記念像】

    武蔵野市、吉祥寺の人気スポットと言えば井の頭公園が最初に思い浮かびます…

  2. 旅行

    多摩湖自転車道を通って絶景の夕日を観に行く。おすすめの東京サイクリングスポット

    東京都は西へ行くにつれて自然豊かな景観に変わっていく為…

  3. 旅行

    【大岳山】東京から日帰り登山で絶景を見る(御岳山ルート)

    東京の日帰り登山スポットでは高尾山と御岳山が特に人気があり、毎年多くの…




都市伝説記事おすすめ

人気の記事

最近の記事

  1. ガジェット/レビュー

    超初心者向け:ゲーミングPC、作業用パソコンの選び方を解説
  2. 海外・英語

    留学経験者が語るDMM英会話をすべき理由+おすすめなポイントと効果
  3. ゲーム紹介/レビュー

    エルダースクロール6発表記念:スカイリムの魅力を語る:PC・PS4版のmodはス…
  4. 都市伝説

    【速報】海外でテレポーテーションを捉えた動画が投稿される
  5. 都市伝説

    知ってはいけない?月の都市伝説まとめ:古代文明や宇宙人、巨人との関係
PAGE TOP