大自然

【大岳山】東京から日帰り登山で絶景を見る(御岳山ルート)

東京の日帰り登山スポットでは高尾山と御岳山が特に人気があり、毎年多くの人々が山頂の神社に参拝しに来る人気振りです。

前回では、そんな魅力満載の御岳山と武蔵御嶽神社についてご紹介しました。

 

そこで今回はそんな御岳山を経由して行く人気登山スポット大岳山についてのご紹介です。



大岳山・自然と絶景の見所

 

大岳山は1266メートルの標高があり、都心部から日帰りで登山を気軽に楽しむ事ができます

更に山頂からの眺めも素晴らしく、日本二百名山と奥多摩三山にも登録されている程です。

その見所は、なんと言っても東京都とは思えない大自然を堪能できる事にあります。

静かで緑豊かな空間はもちろん、大岳山への経由地点にある東京都の秘境、ロックガーデンでも大自然を思う存分に味わうことが出来ます

ロックガーデンの詳しい情報はこちらをどうぞ!

 

そして大岳山の良いところは、登山初心者、経験者、家族連れ、一人でも気軽に登ることが出来る事だと思います。

御岳山山頂(ふもとからリフト移動可能)からの登山になるのですが、御岳山は既に標高が929メートルある為、大岳山まで約300メートルの道を進むことになります。

道中ではこのような景色を見ながらリラックスする事ができるでしょう。

300メートルと言っても約6時間は掛かると想定した方が良いでしょう。

しかし道中に眺める事ができる木々や滝などは日頃の疲れをリラックスさせてくれる事は間違いないです。

今回ご紹介するルートは御岳山からのルートになりますので、御岳山に関するより詳しく情報は前回の記事を読んで下さい。

御岳山山頂から長尾平へ

大岳山へ登るコースはいくつかコースがあるらしいですが、今回は一番王道な御岳山を経由して登るコースをご紹介します。

まずは電車でJR御嶽駅で降車しリフトを使い御岳山山頂へ向かい、最初の拠点長尾平を目指します。

そして長尾平に着くと休憩用のテーブルと椅子、さらには売店もあります。この先の道中では売店は無ありませんので、買い出しをするのであればここが最後となります。

長尾平は先程書いた御岳山名物のロックガーデンへの経由地である為、迷わずに行く事ができます。

大岳山へのルートとロックガーデンへの道

 

この長尾平はロックガーデンや御岳山展望台へ分岐する道になっています。

ここでは3つのルートが存在しますが、一番右のロックガーデン、大岳山に続くルートを選びましょう。

その道を進むとまたさらにロックガーデン方面か大岳山方面に分岐していますが、しっかりと看板が立っているので、それに従い大岳山方面に進みます。

どちらにしろ帰りにロックガーデンを通るルートを通っての下山が可能ですので問題ありません。

ちなみに大岳山まで行くまでの主な経由地としては…

長尾平→奥の院→鍋割山→芥場峠を主に通過しながら山頂を目指します。

天狗の腰掛け杉を通り大岳山へ

長尾平からいよいよ登山をスタートし、道なりに沿って進むと5分程で最初の見所、樹齢300年以上ある天狗の腰掛け杉へと到着です。

伝説では天狗が実際に腰を掛けて座ったのだとか。

ここまでは前回の記事でも触れましたが、今回はこのさらに奥へと登っていきます。

最近の台風の影響か足場の悪い道もある為、足元には十分用心しながら進む必要があります。

道中では珍しいキノコや祠などを見かける事が多い印象です。その様な自然との出会いも登山の魅力の一つとも言えるでしょう。

最初の経由地点・パワースポット奥の院

険しい道を歩くこと1時間弱、奥の院に到着です。

この奥の院は日本の神話にも登場する英雄、日本武尊を祀っていると言われており、噂ではパワースポットとして訪れる人も中にはいるのだとか。

奥の院すぐ裏手には奥の院峰があり、結構広いスペースでの休憩が可能です。

さすがに御岳山からわざわざ奥の院まで訪れる人は珍しいですが、大岳山へ行く方々にとっては最初の休憩場所にもなるので、思う存分この奥の院のパワーを吸収してください!

少々分かりづらいですが、奥の院裏にあるこの小さな祠の裏に次の通過地点、鍋割山へのルートがあります。

大岳山と御岳山の中間地点・鍋割山

奥の院を抜けた後は少しばかりの岩道などの足場の悪い道が続く為、結構大変です。

しかしここからの道は人の声すら聞こえないほど静かです。時折誰かの鈴の音が反響して聞こえてきますが、少々心細さも感じます。

それと熊対策の為にも人が近くにいない時は、鈴を鳴らして歩いた方がいいかもしれません

そして奥の院から歩くこと3〜40分ほどで鍋割山へ到着です。

ここが鍋割山ですが、見ての通り看板が建っているだけで何もありません。

山と言うよりは本当に経由地点の様な場所です。



分岐ルート、芥場峠を通り大岳神社へ

そしてここからはいよいよラストスパート、芥場峠を経由して大岳山山頂を目指します。

芥場峠と言っても特に何にもありません。道が分岐しているだけの場所ですが、帰りはそこからロックガーデンへ下れるルー

ートがありますので、一応重要なポイントの一つです。

とりあえず今までと同じ様にひたすら大岳山の看板を目印に進みます。

鎖付きの道などもある為、少し注意が必要です。場所によっては岩道を進む場所もあります。

そしてここまで来ると残りのお水が心配ですが、大丈夫です。

芥場峠を越えた先には湧き水スポットがあり、無料でお水を好きなだけ補充することができます。

そしてさらに道を進むととんでもない雰囲気をかもし出している場所に出ます。それがこの大岳神社

山の中だと言うのに神々しい雰囲気をバシバシ感じます。

周りには何もなく、それでいて静か。その為か少しばかりの恐怖なんかも感じることもあります。

しかしこの空間こそ今回の一番の当たりだったと僕は感じました。

おそらく多くの人が無心になって、日頃の雑念を捨てる事のできる場所であると個人的には思います。

そしてここからの道は……

最後の岩場道と難関・山頂を目指して

大岳神社を抜けるとひたすらゴツゴツした岩道を登る事になります。

足だけでなく両腕も使わなければならない為、が軽いロッククライミングみたいな感じです。一応鎖は所々付いているので、結構助かります。

しかしお年寄りの方でも登れているので、超難関と言う訳ではありません。

個人的に一番キツイと感じだのはこの帰り道です。ここだけは今まで以上に注意しなければ本当に危険です

けれど、ここまで来れば山頂はあと少し。この先に絶景アリです。

大岳山山頂と絶景の眺め

 

険しい岩道を抜けるとついに大岳山山頂へ到着です。

疲れ果てた先にはこの絶景が待っており、標高1226メートルから大岳山周辺の山々を一望できます。

ここが本当に東京都と疑ってしまうぐらいの感動と爽快感に駆られ、最高の達成感を感じることが出来るでしょう。

ベンチは無いですが開けた場所もあり、昼食を取ることも可能です。

御岳山下山ルートとロックガーデンへの道

大岳山山頂までは自分の場合2時間30分かかりましたが、ゆっくりなペースで登山する場合は片道3時間と見た方が良いでしょう。

帰りは芥場峠を抜けてロックガーデンを経由して綾瀬の滝や天狗岩などを訪れながら、長尾平に戻るルートがオススメです。

ここでもまた大自然を感じてリラックスできること間違いないでしょう!

詳しくはこちらの記事でまとめてあります。

 

日帰り可能な大岳山、是非一度訪れてみてはいかがでしょうか!




関連記事

  1. 旅行

    【都庁展望台】新宿で絶景を観よう。無料で観れる東京の夜景

    東京には数多くの夜景スポットがあります。特に東京タワーやスカイ…

  2. 大自然

    日光戦場ヶ原と小田代原のおすすめハイキングコースをご紹介:伝説の残る大絶景へアクセス

    以前日光市で一番人気の観光地は日光東照宮とお伝えしました。しか…

  3. パワースポット

    【御岳山】東京の山で雲海を見る。日帰りで絶景を見よう

    東京都の代表的な山といえば高尾山。登山経験者から初心者、子供、お年寄り…

  4. 日帰り旅行

    井の頭公園(彫刻園)で芸術鑑賞。【北村西望・平和記念像】

    武蔵野市、吉祥寺の人気スポットと言えば井の頭公園が最初に思い浮かびます…

  5. 東京観光

    東京世田谷のレイライン上にある究極のパワースポット「岡本八幡神社」を調査

    どうも、都市伝説ハンターのMSYです。パワースポットをさらに強…

  6. パワースポット

    【武蔵御嶽神社】東京都・御岳山にある天空のパワースポットを調査してきた

    東京にある日帰り登山スポット、御岳山をご存知でしょうか?様々な…




人気の記事

最近の記事

  1. 都市伝説

    縄文土偶に隠された謎と宇宙人説
  2. 都市伝説

    幽霊の種類・心霊現象が起きたときのヤバイ症状と対処方法
  3. 旅行

    リバプールの観光スポットをご紹介!大聖堂から観れる絶景が凄すぎる:イギリス観光の…
  4. パソコン

    初心者がWordPressをカスタマイズしたくてコーディングを始めたけど、やはり…
  5. 都市伝説

    【速報】海外でテレポーテーションを捉えた動画が投稿される
PAGE TOP