旅行

【日光東照宮】関東一の人気観光スポットご紹介!家康の謎に満ちたパワースポットが凄すぎる

どうもMSYです。

年間時期を問わずに多くの観光客が訪れるエリア、日光東照宮に行ってきました。

その謎に満ちた雰囲気はもちろん、徳川家康の時代から続く歴史や5000個以上にもの貴重な彫刻が点在しており、更には北関東1とも言われる究極のパワースポットとしても知られています。

今回はそんな日光東照宮の謎を紐解きながら、おすすめのスポットをご紹介していきます。

日光東照宮は占いを基に建てられた究極のパワースポット

 

日本にはパワースポットと呼ばれる地が数多く存在しますが、中でも神社がその大半を占めるかと思います。

それにはしっかりとした理由があります。例えば、今回ご紹介する日光東照宮は、陰陽道(日本の呪術や占いの様なもの)を用いた作りとなっており、今日内の陽明門とその正面にある石鳥居の間には、上空から北極星が来るように設計されているそうです。

さらに「四神相応の地相」と呼ばれる、地相学を元に造られました。

その内容は

①北に山 ②東に川 ③南に平地、または池 ④西に道

などの条件を全て含んだ場所を指し、それにピッタリ当てはまるのが日光東照宮になります。

ちなみに、一般家庭でも家を建てる時に、この四神相応の土地相を参考にする場合もあるそうです。

この他にもまだパワースポットたる理由がありますが、東照宮の紹介を交えながら話していきたいと思います。



日光東照宮へのアクセスとおすすめポイント

 

日光東照宮は、東武日光駅からバスで数分、徒歩でも20分足らずで行く事ができます。

そもそも日光市自体が人気の観光地なので、日本人、外国人を問わずに毎日数多くの人が訪れます。その為、日光東照宮は町の顔役になっているそうです。

バスを使い10分もしない内に東照宮前のバス停に着きます。最寄りのバス停を降りると近くにファミリーマートがあり、その裏にある道を使いました。勿論他にも入り口は何個かありますが、東武日光駅から訪れる場合はここが一番近いです。

道順に沿って進むと、隣に輪王寺などがあります。

さらに奥へ進むと、東照宮への入り口「一の鳥居」へと続きます。

この鳥居は日本一高い石鳥居(高さ9メートル以上)として知られています。

鳥居を潜ると表門があります。

ここから先は拝観料として1300円が必要になります。

そして表門を通ると、いよいよ日光東照宮鏡内に入ります。

ちなみに、この東照宮内の敷地内にはおよそ5100個以上の彫刻が点在しているそうです。

そして最も有名な彫刻はこちらの三猿で間違い無いでしょう。

さらにこの三猿は徳川埋蔵金のありかを示す重要な手かがりとも言われています。(この話はまた次回)

陽明門は日本有数の超パワースポット

 

道順に沿って進むと、新たな石鳥居と陽明門が見えてきます。

先ほどお伝えした様に、この石鳥居と陽明門の間に北極星が来る配置となっており、そこから東京へ(当時は江戸)へ良いパワーを送っているそうです。

そして鳥居を超えると、東照宮の顔でもある陽明門を思う存分眺める事ができます。

この陽明門には東照宮全体にある彫刻5173個の内507個が四方八方に彫られているそうです

その種類は様々で、中国の仙人や七福神など多岐に渡ります。中でも門正面は徳川家康のイメージを理想化したものらしいです。

東照宮の不思議な彫刻と不思議な建築

この陽明門を支える柱は、「魔除けの逆柱」と言い、一本だけ柱の模様が逆さまになっています。

なぜかと言うと、昔は「建物を造る時、完璧な建物を造るといずれ崩壊を招く」と言う教えがありました。それに従い、あえて柱の一つを逆さまに造る事により、東照宮を不完全な建築としたそうです。

この魔除けの逆柱を含む陽明門は、非常に神々しい雰囲気をかもし出しているだけでなく、国宝としても登録されており、日本を代表する建物でもあります。

ちなみに日光東照宮は全体の建物の内、8楝が国宝に指定されており、さらにその他の34楝の建物などが重要指定文化財として登録されています。

陽明門の先には中庭の様な場所と御本社があります。また、この敷地内や建物内にはお守りなどが売っており、お土産にもオススメです。

御本社の中には座って休憩できるスペースもあります。

この建物の奥を見学する事もできますが、残念ながら撮影禁止らしいです。奥には畳部屋があり、天井には龍、朱雀、白虎、玄武などの先ほどお伝えした「四神相応の土地相」にちなんだ守護神などの絵が描かれています。

徳川家康のお墓と埋蔵金の都市伝説

 

御本社の奥には徳川家康のお墓へと続く道があります。

この入り口では、眠り猫という名前の小さな彫刻が通る人を迎え入れてくれます。

日光東照宮内にある彫刻は。基本的に平和を象徴していると言われています。

そして門を通ると、奥社参道と呼ばれる長い石道が上へと続いています。

この場所は東照宮の中でも非常にパワースポットとしての力が強いと言われていますが、驚くべきはこの石階段です。

というのも、この階段は一枚の岩を加工して造ったらしいです。さらに手すりや、それを支える柱なども全て一つの石からできているそうです。

その素晴らしい光景や、昔の人の技術に驚きを隠せない人も多いでしょう。

そして階段を登りきると奥宮へと辿り着きます。

そしてこの奥は、家康を祀るお墓へと続きます。

先ほどまでの騒がしい雑音は無くなり、一気に静かで神聖な雰囲気へと変わります。

そしてこの写真に写っている鶴と亀の銅像もまた、徳川埋蔵金の場所へのヒントとも言われています。

日光東照宮宝物館と本地堂では撮影NG

 

日光東照宮には撮影禁止の場所が所々にあります。例えば、陽明門左に位置する「本地堂」は龍の声が聞ける場所」であり、音による妨げを防ぐ為に撮影は一切できません。

しかし、ここで聞ける龍の声は非常に素晴らしいものなので、是非訪れてはいかがでしょうか。

そしてきた道をひたすら戻り、最初の石鳥居を抜け少し歩くと左に日光東照宮宝物館へと行く事ができます。

入場料として一人1000円が必要になります。

しかし残念ながら館内での写真撮影は禁止ですが、東照宮の歴史、家康の刀や当時使われていた道具などが展示されています。

撮影できない事だけが残念ではありますが、見る価値はあります。宝物以外にも2、30分のアニーメーションを使った映像もありますので、時間に余裕を持って行った方がいいかもしれません。

ニ荒神社で厄を祓う

 

 また最初の石鳥居に戻り、左へ進むと二荒神社が顔を見せます。

境内は思ってたよりも広く、奥には魔をはらいのけ、良い縁を呼ぶと言われている「清めの大麻」があります。

栃木県鹿沼市の麻を使って作られているそうです。

そしてこちらは「茅の輪くぐり」

無意識に自分に着いたら罪や穢れを清める場所らしいです。

日帰りでも泊まりでも楽しめる観光スポット・東照宮

 

日光東照宮の紹介は以上になります。

この日光東照宮は都心からも日帰りで行く事ができる上、非常に深い歴史や日本文化の価値を再認識できる場所でもあります。

一生に一度とは言わずに、人に一回は訪れてみてはどうでしょうか。



関連記事

  1. 都市伝説

    【都市伝説83選】日本と世界に散らばる面白い都市伝説をまとめて公開(神話・心霊等含む)

    どうも、MSYです。僕は普段ツイッターで都市伝説系のネタを呟きまくって…

  2. 都市伝説

    青森にキリストのお墓が!?実はキリストは生きていた?日本に伝わる都市伝説を考察

    どうも、都市伝説ハンターのMSYです。皆さんキリストはかつて日…

  3. 旅行

    【都庁展望台】新宿で絶景を観よう。無料で観れる東京の夜景

    東京には数多くの夜景スポットがあります。特に東京タワーやスカイ…

  4. 【日本神話が好きならコレを読め!】愛と涙と勇気の神様ものがたり・まんが古事記をレビュー

    皆さんは、神話や不思議な話などはお好きだろうか?もしその類に興…




人気の記事

最近の記事

  1. パワースポット

    【武蔵御嶽神社】東京都・御岳山にある天空のパワースポットを調査してきた
  2. ゲーム

    【ブログ運営報告・1月】超有名ユーチューバーが記事をツイート。アドセンスの単価と…
  3. 都市伝説

    【都市伝説】月の石とは?国立科学博物館で実物を見てきた
  4. ゲーム

    【デッドバイデイライト】初心者がプレイした感想をまとめてみた。キラーや他キャラ能…
  5. 不思議なニュース

    【今週のミステリーニュース】月の水観測・水道管工事で古代の遺跡発見・新人類の化石…
PAGE TOP